ミンティアは身体に悪いのか?成分を徹底分析してみた

暮らしの豆知識
SPONSORED LINK

「ミンティアは食べ過ぎても大丈夫?」

という記事を思いのほかたくさんの人に見て頂いているようです。

それだけミンティアは多くの人に食べられているんですね。

そこで、以前の記事よりもっと掘り下げて「成分」について調べました。

「いっぱい食べてもいいの?」

「ミンティアってなにでできてるの?」

と疑問を持っている方におすすめの記事です。

まず調べた結果分かったことが2つあります

  • 身体に害のあるものは入っていない
  • 1製品の量が少ないので、相当な(たぶん無理)量を摂取しない限り身体への影響はない

ミンティアにはいろんな味がありますが、内容をほとんど変わらなかったので

レギュラータイプの「ミンティアワイルド&クール」を参照します。

SPONSORED LINK

まずはチェックしていく

栄養成分

  • エネルギー…22kcal
  • タンパク質…0.01〜0.2g
  • 脂質…0.03〜0.3g
  • 炭水化物…6.7g(糖類:0g)
  • 食塩相当量…0g

参照:アサヒグループ「ミンティア」 商品ページ

原材料

  • 甘味料(ソルビトール、アスパルテーム、Lーフェニルアラニン化合物)
  • 香料
  • 微粒酸化ケイ素
  • ショ糖エステル
  • クチナシ色素

参照:アサヒグループ「ミンティア」 商品ページ

甘味料に含まれる3つの成分を分析

どれも聞き慣れない成分の名前ですね。

それぞれがどんな役割をしているのかチェックしていきましょう。

ソルビトール

人工甘味料の一種。

砂糖と比べるとカロリーが75%程度と低いので、ダイエット食品などによく使われるとのこと。

また、口の中でひんやりとした感触がするため「清涼剤」として使われるそうです。

ミンティアのヒンヤリ感の正体はまさにこの成分だったんです!

人体への害があるかというと、砂糖と似たようなものなので過剰摂取しなければ問題はないです。

参考:Wikipedia

アスパルテーム

これも人工甘味料の一種ですが、ソルビトールと違う点は「非常に甘い」ということ。

砂糖に対してソルビトールの甘さは60%ですが、アステルパームは砂糖の100〜200倍の甘さという凄さ。

ダイエットコーラやプロテインなどによく使われるようです。

ちなみに消化する際に「メタノール」という有害物質が発生するそうなのですが、厚労省の定める1日の許容量を超えなければ人体に影響はないとのことです。

ミンティア自体が少量で、かつそのほんの一部の量ですのでこれに関しては問題無しと言っていいと思います。

ただ、一部では有害だと嫌悪される声もあるので、摂取量は個人の判断で気をつけるようにしましょう。

参考:Wikipedia

L-フェニルアラニン化合物

牛乳や卵、肉などの食品のタンパク質に含まれているアミノ酸の一種とのこと。

栄養成分にわずかにタンパク質が含まれていたのはこれだったんでしょうか。

アステルパームと並び、こちらも高い甘味に対してカロリーがかなり少ないのでダイエットコーラなどに使われるようです。

こちらも含有量からして全く問題はないと思います。

アスパルテームとセットで有害視される声もあるので、大丈夫だと思って過剰に摂取するのはNGです。(ダイエットコーラ1日10本とかのレベル)

自分の体と向き合いながら判断してください。

参考:Wikipedia

甘味料以外のもの

微粒参加ケイ素

シリカゲル(乾燥剤)の1種とのこと。

湿気を防ぐために食品によく入れられるそうです。

「乾燥剤を口に入れていいの!?」

と思うかと思いますが、厚生労働省から食品添加物として認められているようです。

食物繊維と同じく、体内で消化吸収されず排出されるので身体に害はありません。

参考:Wikipedia

ショ糖エステル

界面活性剤の1種で、分離を防ぐ役割を持っているようです。

例えると水と油のような混ざらない物質同士を均一にまとめてくれる、ということですね。

これは冷凍食品などで品質保持のために入れられたり、パンに入れて食感を良くするために入れられています。

また、有害性はなく国からも使用基準は設定されていないということです。

つまり極端に言えばいくら使っても問題ないということ。

参考:たべるご「ショ糖脂肪酸エステルって何?」

クチナシ色素

これはよく聞きますよね、「無害」の天然色素として有名です。

栗きんとんやたくわん、和菓子など料理の着色料として広く使われています。

余談ですが果実が熟しても花が開かないことから「口無し」という名が付いたという説があるようです。

参考:Wikipedia

化学のお勉強みたいですね

さて、すべて見ていきましたが1個1個成分を調べていくと、ミンティアがどうしてあの姿・味になっているのかが分かりましたね。

調べていると化学式などたくさん出てきたので高校時代を思い出しました。

お仕事がんばるみなさん、いろいろ書きましたが1日1箱食べるくらいなら全く問題無しです。

ぜひ「冷や!」っとしてお仕事頑張ってください!お疲れさまです!

暮らしの豆知識美容・健康
SPONSORED LINK
usokoをフォローする
SPONSORED LINK
うそこの部屋

コメント

  1. […] […]