幸せになれるホルモン「セロトニン」の分泌方法3選!

暮らしの豆知識
SPONSORED LINK

こんにちは、うそこです。

日々の生活で“幸せ感”を増幅できるって知っていますか?

今回は幸せを感じることのできるホルモンセロトニンの日常でできる分泌方法をまとめました!

SPONSORED LINK

幸せホルモン「セロトニン」とは?

Wikipediaより抜粋します。

生体リズム・神経内分泌・睡眠体温調節などの生理機能と、気分障害統合失調症薬物依存などの病態に関与しているほか、ドーパミンノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

Wikipediaより引用

ホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御している。

Wikipediaより引用

“幸せホルモン”=感情をコントロール、精神の安定

こういった働きによって、日常のストレスから離れることができ、結果的に幸せな日常を手にすることができます。

セロトニンを分泌する方法

では、どうしたらセロトニンを体内に分泌することができるのかまとめていきます。

日光を浴びる

日中に、太陽の光(日光)を浴びることで人はセロトニンを分泌することができます。

理想は起きてすぐ窓を開けて光を浴びることがおすすめです。

より分泌量を上げるには、起床30分以内に日光を浴びましょう。

セロトニンは規則的な動きによって分泌されるホルモンです。

朝起きて日光を浴びることで体内時計も整い、規則的な生活を送ることでセロトニンの分泌も促進するはずです。

リズミカルな運動(歩く、咀嚼する、呼吸)

散歩する

規則的な運動でセロトニンは分泌されます。

30分くらい散歩などをすると気分は高揚してきます。

運動する前はやる気が起きなくても、いざ運動した後は清々しい気持ちになることは良くあることではないでしょうか?

その清々しさは、セロトニンが分泌されている証拠です。

意識的な呼吸をする

また、散歩する時は胸を張って呼吸をしっかりするとより効果は高まります。

呼吸もリズミカルな運動に入りますので、意識的に呼吸をすることで幸せ感は高まります!

感覚としては、吸うときはお腹が膨らむよう意識をすると良いと思います。

いわゆる複式呼吸です。

緊張感が高まったときも、この呼吸は気持ちを落ち着けるのに役立ちますのでぜひ試してみてください。

よく噛んで食べる

「よく噛んで食べなさい!」とよく親などに言われた人もいるのではないでしょうか?

よく噛むことで胃の負担を減らす効果もありますが、しっかりと噛んで食べるという行為でもセロトニンは分泌されます。

食事の際は噛むことを意識的に行ってみてください!

食事から摂取する

食べ物にもセロトニンの分泌を助ける成分が含まれているものがあります。

大きな分類で言うと「たんぱく質」です。

たんぱく質には、必須アミノ酸が含まれているのですが、その必須アミノ酸の中に「トリプトファン」という成分が含まれています。

簡単に言いますとこの「トリプトファン」がセロトニンの分泌の手助けをしてくれます。

たんぱく質が多く含まれている食べ物は、主に肉、魚、大豆が有名どころです。

私のおすすめは卵とブロッコリー、そしてプロテインです!

卵もブロッコリーもたんぱく質はもちろんそれ以外のビタミン等が豊富なので、美容にも効果があります。

また、プロテインですが、女性は特に「プロテインを飲むと筋肉がついて身体がごつくなる」と考えている人が多いかと思います。

が、プロテインは「たんぱく質の粉末パウダー」です!

人間が1日に必要なたんぱく質は大体体重の1.2〜1.3倍と言われていますが、食事だけでその量を摂取するのは結構大変です。

それを助けてくれるのがプロテイン。

昔はまずいイメージがあったかもしれませんが、今売られているプロテインはどれもおいしいです!

↓私が飲んでるのはこれ

国産だし、比較的安いのでおすすめです。(毎日飲んでも1ヶ月以上はもちます)

たんぱく質は髪や肌の元になるので、女性はむしろ積極的に利用した方が美しくなりますよ。

まとめ

色々書きましたが、どれも心身共に健康的にしてくれることばかりだと思いますので、良かったら実践してみてください。

スマホ見て歩く→前を見て胸張って歩く

だけでも大分気分は変わると思います。

さらに何を食べるかを気をつけ、よく噛んで食べることで日々を幸せに過ごすことができますよ。

コメント